もっとサポートプラン

事務局が手配したデザイナーがデザインを担当

プロのデザイナーが事業者の希望するデザインを制作

 応募時点で希望されている商品パッケージや広告などのデザインを制作します。
基本は1種のデザインで、シリーズ展開3種程度までをカバーします。事務局が選定したクリエーターと、事務局が手配したプロのデザイナーのチームで事業者様に訪問し、企業理念や事業内容、依頼するデザイン内容について打ち合わせをさせていただきます。

コンセプト提案書を元に、クリエーターと協働制作

 事業者様との協議でデザインコンセプトを決定した後に、デザイナーは、クリエーターとアート作品の協働制作に入ります。クリエーターの支援者とも連携をとりながら、クリエーターの画材や描画方法などに合わせて、3点程度の新作を描いていただきます。又は、クリエーターの既存作品から選定するケースもあります。
※クリエーターのアート作品4点目以降は追加料金を申し受けます。

完成したアート作品を取り込んでデザインに展開

 協働制作で完成したアート作品をデジタル化してデザイナーがデザインに展開します。デザイン提案を事業者に行い、協議を重ねていきます。クリエーターが協議に同席する場合もあります。スケジュールや進行管理は、デザイナーが主体となって進めます。事務局は必要に応じて、マーケティングやターゲット設定、販路設定などのアドバイスをさせていただきます。

商品開発からパッケージデザインの制作、各種広告媒体の制作など幅広いデザインに対応

商品開発を伴う場合はスケジュールに余裕を持ってご応募ください。販路や価格設定などで悩まれた場合でも、事務局がアドバイスをさせていただきます。もっとサポートプランでは、基本的に1アイテムでの制作となります。同じデザインを複数媒体に展開する場合、販促ツールが必要な場合は、別途ご相談ください。リーズナブルな価格設定でお見積もりをさせていただきます。

【もっとサポートプランの著作権の考え方】
 もっとサポートプランでは、クリエーター(障がいのある人)のアート作品についての報酬やデザイナ〜への報酬は、参加費用に含まれています。
 事務局が著作権関係の契約書を準備して3者間の調整を行います。その後、デザインの商品化の試作や印刷などの工程に進んでいただきます。
※著作権に関する契約書の種類(利用許諾又は譲渡契約)や範囲・期間によっては、別途協議させていただきます。

  1. もっとサポートプラン

  2. もっとサポートプラン

PAGE TOP